【飲み比べ】成城石井のオリジナル商品『八女煎茶』2種類を比較!

成城石井にはさまざまなオリジナル商品がありますが、緑茶のラインナップも豊富です。

なかでも「八女煎茶」には、ノーマルと有機タイプの2種類があります。

農薬を使っていない点以外にも、味など違いはあるのでしょうか?

今回は飲み比べレビューをお届けします!

目次

成城石井オリジナルブランド『八女煎茶』とは?

福岡県の八女市でとれる茶葉で、一番摘みの茶葉が使われています。

【商品情報】※購入当時(2022年8月)の情報です
価格:1,394円(税込)
賞味期限:約11か月
内容量:100g

有機茶葉の方が若干お安く購入できます。

また、こちらは一番摘み茶葉のみを使っているわけではないようです。

【商品情報】※購入当時(2022年8月)の情報です
価格:1,070円(税込)
賞味期限:約11か月
内容量:100g

茶葉を比べてみると、すでに違いがありました!

香りはノーマルの方が少し強く感じます。

左がノーマル、右が有機の茶葉

見た目も通常タイプの方が細かく、有機タイプはやや粗めです。

八女煎茶2種類を飲み比べ!

今回は、パッケージ裏に書いてある条件で揃えて飲み比べました。

お湯240gに対して茶葉は7g。

八女煎茶の茶葉は7g

お湯の温度は75℃に統一しました。

75℃のお湯

240gのお湯を注ぐ

30秒ほど待って湯呑にそそぎます。

ノーマルな八女煎茶がこちら。

鮮やかな緑色が特徴的です。

茶葉は細かいので底に沈殿していました。

味はかなりアッサリしています。

甘さはあるものの、後味がスッキリしているので料理・和菓子どちらとも相性が良さそう!

続いて有機の八女煎茶。

やや黄色がかった色味です。

飲んでみると、甘みと渋みが強めだと感じました。

ノーマルと比べても全体的に味が濃いです。

こちらは和菓子など甘いものを食べるとき、特に合いそうでした。

並べてみると、色の違いがはっきり分かりますね!

左がノーマル、右が有機の八女煎茶

成城石井『八女煎茶』は同じ茶葉でも味が違う!

同じ『八女煎茶』でも、こんなに違いがあるのかと驚きでした!

一緒に食べるものに合わせて選ぶのも楽しそうですね。

個人的には、甘みと渋みをしっかり感じられる有機タイプが好みでした^^

お好みのシーンや味に合わせて、ぜひ飲んでみてくださいね🍵

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

気にしいな新米主婦|食べることが大好き|都内で夫と2人暮らし|2022年秋に挙式
日常をちょっと楽にするためのアレコレを発信します:-)

目次