【実例あり】Googleアドセンスで『有用性の低いコンテンツ』と言われたときの対策7選

[st-kaiwa7]Googleアドセンスの審査がなかなか通らない…有用性が低いコンテンツって言われちゃいました[/st-kaiwa7]

[st-kaiwa1 r]これを読めば、有用性が低いコンテンツを改善して合格した具体例を知れます![/st-kaiwa1]

 

何回もGoogleアドセンスにトライしている皆さん、ほんとうにお疲れ様です……!

不合格の通知が来るたびに落ち込みますよね。

わたしはブログを始めてから、実は5回続けてGoogleアドセンスに落ちた経験があります(  ; ᴗ ;  )

最後はモチベーションも下がり、コンサルをお願いしようかと思ったのですが……

なんとか6回目で無事合格

わたしが自力で合格するまでに試したこと赤裸々にお話しします。

 

※Googleアドセンスから詳細な改善点は伝えられません。個人が試行錯誤して行ったことなので、必ずしも合格を保証する内容ではないことをご了承ください🙇‍♀️

目次

有用性の低いコンテンツ

審査に落ちていると、Googleアドセンスから「AdSenseへのお申し込み状況について」というメールが届きます。

5回連続で落ちていました

わたしはアドセンス審査に落ちるたび、
Googleから「有用性の低いコンテンツ」と言われていました。

 

そもそも有用性には、こんな意味があります。

「有用性」は「役に立つ」という意味の「有用」と、「名詞に伴って、その性質や傾向を持つこと」を表す「性」が付くことによって、「有益な性能を持つ性質」という意味になります。

引用:WURK 「有用性」の意味と使い方、類語、「有効性・実用性」との違い

 

つまり、役に立つブログだと判断されなかったわけですね😢

 

[st-kaiwa5 r]役に立つブログと思ってもらえるためには、なにを改善したらいいんだろう…[/st-kaiwa5]

 

具体的にどうすればいいか分からなかったので、とにかくブロガーさんの記事を見て情報収集しました。

その結果、自己分析した問題点は3つ。

・デザインが見にくい
・ブログの独自性が少ない
・PV数が少ない

 

これらを改善するために7つのことを試しました。

トップ画像を作る

わたしの初期デザインはこんな感じでした。

 

一目見たときになにを書いているブログか分からないし、操作性が悪いので離脱率も上がってしまいそうです。

そこでトップ画面には、ブログタイトルのロゴとキャッチフレーズを入れました。

 

しかしロゴを作ると言っても、デザインしたことがないのでどう作ればいいか分からず……

まずはいろんな人のブログデザインを参考にして、最終的にCanvaのデザインを加工して作りました。

おしゃれなテンプレートがたくさんあるので、選んでカスタマイズするといい感じに作れます。

今まで作った画像は保存しておけるし、操作も簡単ですよ^^

カテゴリごとのメニュー作成

次にどんなカテゴリがあるかぱっと見て分かるように、トップページにメニューを作りました。

ブログで扱っているジャンルを見やすくする目的です。

わたしは有料テーマのafinger5を入れていたので、ヘッダーカードにカテゴリを入れました。

アイキャッチにタイトルを入れる

今までアイキャッチは画像のみだったんですが、タイトルが入っていると注意を引きやすいことに気づきました。

 

こちらもCanvaで編集しています。

アイキャッチのサイズは縦630×横1,200px にしています。

画像ファイルの軽量化

今までは記事の編集画面から画像を追加するだけでしたが、画像が多いページだと読み込みに時間がかかるのが悩みでした。

なかなか読み込まれないページって、閉じちゃったりしますよね。

そこで画像を軽量化するプラグイン『TinyPNG』を入れました。

設定すると自動的に軽量化してくれて、読み込みスピードを落とさず開けるのでおすすめです。

サイトマップの追加

サイトマップはブログの目次のような役割をしてくれるもの。

読者向け(HTMLサイトマップ)と検索エンジン向け(XMLサイトマップ)
の2種類必要なので、どちらも追加しましょう。

わたしはこちらのプラグインを入れました。

[st-mybox title=”参考” fontawesome=”fa-file-text-o” color=”#757575″ bordercolor=”” bgcolor=”#fafafa” borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

読者向け(HTMLサイトマップ):PS Auto Sitemap
検索エンジン向け(XMLサイトマップ):Google XML Sitemaps

[/st-mybox]

 

WordPress管理メニューの【プラグイン】から【新規追加】をクリックし、上記プラグイン名を入力しましょう。

[st-midasibox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle faa-ring animated” bordercolor=”#FFC107″ color=”” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”” borderradius=”5″ titleweight=”bold” myclass=””]

サイトマップだけでなく、問い合わせ・プライバシーポリシーも設置が必要です
この3つが無い場合は、設定してからアドセンス申請しましょう!

[/st-midasibox]

記事のコピペチェック

記事のコピペ率が高い=独自性がない記事と判断されます。

本ブログはほとんどの記事が体験談をベースに書いているので、独自性はあると思っていました

 

しかし結婚式場の見学レポを書いた記事が、コピペを一切していないのに一致率が高くなっていたんです。

体験談=有用性が高い記事だと思っていましたが、同じキーワードを使っている記事がたくさんあったので被ってしまうんですね。

 

一致率が高い記事はいったん下書きに戻すか、リライトして一致率を下げるように取り組んでみましょう。

わたしは類似率・一致率が30%以下の記事のみ掲載しています。

コピペチェックツールのCopy Content Detectorを使うと、無料版は4,000字までチェックしてくれます。

ブログ村、Blog mapに参加(PV数を増やす)

見てくれる人がいない=有用性が低いのでは?と考え、PV数を増やせるようにいくつかサイトに登録しました。

 

ブログ村Blog map※は登録しておくだけでOKです!

※ブロガーヒトデさんが運営している、ブログを見つけられるコンテンツです

 

ブログ村は気になるカテゴリを選んでランキングに参加できます。

ランキング上位になるとブログ訪問者が増えるメリットがありますね。

 

Blog mapは個人ブログを探すためのサービスで、気になるジャンルのブログを見つけられます。

自分のブログを読んでもらうのはもちろん、色んなブロガーさんの記事が見られるので勉強にもなりますね^^

モチベーションが下がったら…

わたしは5回目の不合格連絡がきたとき、自分の心がポッキリ折れる音が聞こえました……(笑)

モチベーションが下がったときは、新しい記事を書きたくない~!と思っちゃいました。

しかし一度ブログから離れてしまうと、そのまま放置しちゃう可能性もあってすごくもったいないですよね。

そんなときはデザイン変更や過去記事のリライトなど新しい記事の執筆以外の作業をするのがおすすめです。

少しでも見た目が変わるとモチベーションも上がりますよ。

場所を変えて作業する

いつも家で作業している人は、カフェやコワーキングスペースで作業すると気分転換になります。

わたしは周りに頑張っている人がいるとプラスに引っ張られるので、それを利用して人がいる環境へ行くようになりました。

お金はかかるので頻繁に行くのは難しいですが、たまのご褒美みたいな感じで行くと楽しめます^^

 

[st-mybox title=”メモ” fontawesome=”fa-file-text-o” color=”#757575″ bordercolor=”” bgcolor=”#fafafa” borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

人が多い場所や混んでいる時間帯に行くと気になってしまうので、空いている時間帯を選んでいくのがおすすめです

[/st-mybox]

優先度をつけたTODOリストを作ろう

なんとなく作業しているとやったことや手順を忘れてしまうので、スプレッドシートにまとめるようにしました。

細分化してひとつずつ作業します

 

優先度をつけて、やるべきことを書きだしていきます。

修正点はどうしたら直ったのかまで書けばメモとして使えるので便利です。

終わったらチェックマークを付けるとやったことが可視化できます。

[st-kaiwa1]やったことが目に見えるとモチベーションもアップ![/st-kaiwa1]

やらなかったこと

1カテゴリあたりの記事を2記事以上にする

参考にしているブログ記事の中に、「1カテゴリの記事は2記事以上書きましょう」 というものがありました。

しかしわたしがアドセンス申請したときは1記事だけのカテゴリもあったので、2記事以上ないと受からないわけではなさそうです。

合格時の記事数は13

最終的に受かった時の記事数は13記事でした。

有用性があるコンテンツにするためには、たくさん書いて記事数を増やすより、中身のある記事を書く方が大切だと思います。

その方がいろんな人に見てもらえるチャンスも増えて、Googleから有益だと判断してもらえますよね。

マイペースに進めよう

わたしが6回目のアドセンス申請に合格したときの改善点はこちら。

 

[st-midasibox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle faa-ring animated” bordercolor=”#FFC107″ color=”” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”” borderradius=”5″ titleweight=”bold” myclass=””]

・デザイン(トップ画、メニュー、アイキャッチ)の見直し
・画像ファイルの軽量化
・サイトマップの追加
・記事のコピペチェック
・ブログ村、Blog mapに参加(PV数を増やす)

[/st-midasibox]

 

年々難しくなっていると言われているGoogleアドセンス審査。

今回お伝えした体験談が、少しでも役に立てれば嬉しいです!

マイペースにGoogleアドセンス合格に向けて取り組んでみてくださいね^^

 

最後までご覧いただきありがとうございました💻

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

気にしいな新米主婦|食べることが大好き|都内で夫と2人暮らし|2022年秋に挙式
日常をちょっと楽にするためのアレコレを発信します:-)

目次